5ヶ月間で、ピアノ弾き語りをするためにはどうすれば?

Pocket

自分の結婚式まであと5ヶ月。
ピアノ経験ほぼゼロの人間が、5ヶ月間で、福山雅治さんの「家族になろうよ」のピアノ弾き語りをするには、どうすれば良いのでしょうか?

※結婚式の席次表より。

ピアノ弾き語りをするためには、次のハードルをクリアする必要があります。

  1. ピアノを最低限、弾けるようにする
  2. 弾きながら歌えるようにする

これらを、最短距離で学ぶためには、どうすれば良いのでしょうか?

それは、ピアノ「弾き語り」ができる先生から、ご指導頂く、というのが最善の選択になります。

初心者の陥りやすい罠として、
「ピアノ弾き語りなんだから、ピアノの先生に学ぼう!」
といことになりがちです。

ピアノの先生は、基本的にはピアノ演奏しかできません。
ですので、「ピアノ」と「歌」の両方をできる先生に、ご指導を仰ぐ必要があります。

そのため、大手の音楽教室の「ピアノ弾き語りコース」を受講されることを、お薦めします。
ちなみに、私が通っているのは、山野音楽教室です。
※山野音楽教室は、ヤマハ音楽スクールの系列です。

こちらのような、大手の音楽教室では、ピアノやギターの弾き語りコースが設けられています。
この弾き語りコースに通うのが、短期間での上達のポイントになります。

また別の回でご説明しますが、ピアノ弾き語りの先生ですと、次のようなこともして貰えます。

  • コードで弾く方法を教えてくれる
  • 難しい部分の音符を間引いてくれる

コードとは、「和音(わおん)」のことです。
※具体的には、左手1本、右手3本で、ピアノを弾くことです。
こうすることによって、多少、ピアノが簡単になり、歌に集中することができます。

また、難しいパートの部分は、弾き語りのベテランの先生であれば、観客に分からない程度に、音符を間引いてくれます。これも、弾き語りの先生ならではの指導方法です。

このように、短期間で、目標の曲の弾き語りをするためには、大手の音楽教室の「ピアノ弾き語りコース」に通う方が良いでしょう。

毎日ピアノを練習する

これは当たり前のことですが、「毎日ピアノを練習する」ことが、最も大切です。

では、どうやって、その環境を確保するのか?

これには、2つの方法が考えられます。

  • 自宅に電子ピアノ(またはアップライトのピアノ)を設置する
  • 音楽スタジオに通ってピアノ練習をする

電子ピアノとは、このような形状のモノです。

こちらは、コルグのLP-380というモデルで、比較的安いモデル(約6万円前後)になります。

短期間でピアノ弾き語りをマスターされたい方は、必ず電子「ピアノ」を購入してください。
※キーボードではなく、電子ピアノでお願いします。

電子ピアノとキーボードの違いは、鍵盤のタッチ(押し心地)です。
これが、もう、決定的なんですね。
(タッチについては、また別の回で・・・)

電子ピアノの良いところは、音量が調整でき、かつ、ヘッドホンを使える、ということにあります。つまり、ほぼ無音で練習できるので、会社帰りの深夜のマンションでも、練習が可能です。

音楽スタジオに通ってもいいのですが、時間とお金がかかりますので、最初は、やはり電子ピアノということになると思います。

ここまでのまとめですが、

  • 音楽教室の「ピアノ弾き語りコース」に通う
  • 電子ピアノを自宅に設置し、毎日練習する

とりあえず、ここから始めてみましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする